Summary
概要

BackGround
世界観
MemberProfile
奏手衆

概要

奏手候は、メンバー全員が袴等の和装で公演を行うコンセプトバンドである。

時代背景は明治後期〜大正時代。
静越地方と言う架空の地域の伝説や偉人伝承、風俗等を語りと唄、音楽で聴衆へ伝えると言うものである。

和風ロックというジャンルに属しているが、三味線や尺八、和太鼓等の和楽器を織り交ぜた和ロックとは違い、
ボーカル、エレキギター、シンセベース、ドラムのバンド形式で、和楽器を一切使わずに和を表現する事を前提としている。

曲調は曲のコンセプトにより幅広いが、80〜90年代の洋楽のハードロック、メタルの影響を色濃く受けている為、
ハードロック、メタル系のイベントに出没する事が多い。

楽曲のテーマ、ストーリーは裏背景まで細部に渡り作り込まれており(これは公演中に話される事は無い)、
その細かな設定の元に歌詞や曲が作られていくのが大きな特徴である。

楽曲の前には曲に纏わる物語(通称:語り)を朗読し、その後楽曲が始まる。
MCではお優美が「狐ちゃん」こと狐弐の言葉を通訳し、それ以外のメンバーが喋るのはごく限られた公演のみである。

接続:
世界観

開国から年月は流れ、貿易業で大きく発展した亜寡町は和洋折衷の独特の文化を形成しており、
技術者達の熱心な研究の結果、蒸気機関が飛躍的に発達し、町は様々な電気器具で溢れかえっていた。

目まぐるしく変化する最先端の日常生活の中で、音楽や楽器もまた革新的な進化を遂げていた。

亜寡町の中心部である繁華街には南蛮ヱレキ楽器を専門に扱う店が軒を連ね、
大音量で激しいヱレキ音楽を演奏する為の「演奏小屋」も歌舞伎小屋や芝居小屋と共に、
夜の街を音と光で華やかに彩っていた。

大規模合戦などは既に遠い過去の話。

人々は、この良きハイカラな時代を謳歌しているのであった。


文明開化の風も過ぎ

楽 愛で集うは奏手衆

南蛮楽器に身を任せ

我等、今宵も奏でて候

奏手衆

静越地方最大の都市、亜寡町。

その北の外れに石目神社と呼ばれる小さな神社がある。

奏手衆は夜な夜な集会所に集い、音楽を奏でる。

そこは奏手候の秘密の隠れ家・・・

静越地方に伝わる偉人伝承や御伽噺、言い伝えなどを探し出して来ては、
それを楽曲にして時に激しく、時に哀しく語り歌う。

亜寡町に住む癖だらけの奏手衆をご紹介致します。


名前:狐弐(Koni)
担当:低音(S.Bass)
備考:
奏手候を立ち上げた張本人で、頭首を務める。
石目神社に住み着きお供え物を物色して自由気侭に生きている。
亜寡町での交友関係は大富豪から世捨て人まで多岐にわたる。
流行に無頓着であるが煙管や瓢箪、水晶細工等、ある種の拘りを持っている。
銀髪に黒狐面、大柄で豪腕だが、見た目と違い性格は非常に陽気で明るい。

接続:

名前:
お優美(Oyumi)
担当:唄手(Vocal)
備考:
静越地方の民話や伝説を唄として人々に語り伝えるべく奏手候を復活させた。
亜寡町内では着付けの師範としての顔も持ち、生計を立てている。
唄の題材になる本を読んでは、所縁の地に出向いて静越中を巡り歩いている。
ハイカラなブーツや亜細亜物のアクセサリーを好んで身につける事が多い。
普段は明るく温厚でおっとりとしているが、唄を歌いだすと性格が豹変する。

接続:


名前:千晃(Chiaki)
担当:六弦(Guiter)
備考:
音楽仲間である狐弐からの熱心な勧誘を受け、奏手衆に加入する。
亜寡町ではその洗練された技術と豊富な知識を活かして六弦の講師をしている。
六弦奏者としても名を轟かしており、様々な楽団から引っ張りだこになっている。
珍しい紙巻き煙草を始め、ブーツや銀細工等の渡来品を好んで取り入れる。
不撓不屈、凄まじい向上心の持ち主である。
名前:潤(Jun)
担当:太鼓(Drums)
備考:
行きつけの演奏小屋の店主より紹介を受け、奏手衆に勧誘される。
亜寡町では新聞社へ勤務し、町の様々な情報を仕入れて来る。
着物など昔ながらの日本の物を好む反面、南蛮菓子を好んだり南蛮渡来のシャツやブーツ、銀の腕時計を愛用するなど、諸外国へ興味津々である一面も見せる。
穏やかな性格の為、やりたい放題の頭首・狐弐にはいつも振り回されている。


接続:



助っ人奏手衆
六弦:古都旺(Kotsuo)
六弦:圭壱(Keiichi)
六弦:高山大(Hiroshi Takayama/Dai)
六弦:増田(Masuda)
太鼓:荒川泰治(Taiji Arakawa)
太鼓:健太郎(Kentaro)
太鼓:トモ(Tomo)


アカマチクリエーションチーム
投影師:シュンスケ(Syunsuke)
音響師:ヤスヒロ(Yasuhiro)

撮影師:狐庵(Koan)
Copyright (C) 2014 奏手候 All Rights Reserved.